レザークラフト(ナイフケース)

こんにちは!

あるじのダンボですm(_ _)m

 

今回は、特殊なナイフのケースを作る革細工のお仕事です。

 

まずはそのナイフをご覧ください。。。

IMG_2535

ちょっと変わった形をしてますよね?

写真でいうと、上側の丸みを帯びているほうが刃となっております。

なぜこのようなフォルムになっているかと言うと、、、

 

こちら、、、

 

鹿の皮を剥ぐ専用のナイフなのです!

 

ご依頼主の猟師さんから預かった際に、私も初めて目にしました。

 

なんでも、今までのものを何とかしたかったらしく、、、

IMG_2534

 

私に白羽の矢が立った、というわけです。

 

早速ナイフの型紙を作成し、銀ペンで革に型をとっていきます。

 

左右対称の2枚を型どおりに切り落としたら、両方にポンチで穴を空けて、、、

 

合わせの部分を予め革のボンドで貼り合わせて重石を置き、

ひと晩おいてよく乾いてくっついてから革の平紐で編んでいきます。

 

ぐるぐる、、、

 

ぐるっと編み終えたら、ばってんになるように折り返していって、、、

 

完成です!

 

今回あえて、、、

①厚さ5mmの牛皮を選び、

②オイルを塗らずにそのままにして、

③黒い平紐で折り返して編みました。

 

長年使えるように丈夫にし、

長年使うことで持ち主の「味」がでるようにしました。

IMG_2549

 

サイズも収まり具合もバッチリです(^^)

 

良い出来だと自負している、、、

 

のですが、(またか!?)

 

今回ナイフを預かってから数か月経ってしまってからの納品となってしまったので、

少しだけサービスさせていただきました、、、

遅くなってしまって申し訳ありません。m(_ _)m

 

(猟の時期は秋に入ってからなので、ちょっとだけ胸を撫で下ろすダンボなのでした、、、。)

広告